好きなブランドの服もリサイクルショップであるかも!

 お得・節約・エコ

更新日:2016年4月9日 582 views

■あるブランドが好き!でも高い!

着れるものは何でもいいと言う人から、着る服はブランドにこだわる人も多いのではないのでしょうか?プラントが好きな人からすると、被服費の節約は非常に辛いものかもしれません。

job_youfuku_hanbai

 

 

 

 

■ですが、ブックオフならブランド別に服が売られていることも

皆さんのご近所にブックオフがありますか?もしあったら、店舗全て見たわけでは無いので一概には言えませんが、ブランド別に服が並んでいることがあります。私は、以前リズリサと言うブランドの服を見たことがあります。

 

ブランドは、そのブランドならではのテイストがあり、こだわりがあると言う方にはとてもうれしいものですね。

building_recycle_shop

 

 

 

 

■ブックオフでは試着可能?

ブックオフでは、古着を購入する前に試着もできます。ですので、実際に着てみたのはいいけれども、サイズが合わなかったとか、自分に似合わなかったと言う理由で着なくなると言うリスクがとても低くなります。

 

古着屋さんにも関わらず試着室があるの非常に嬉しいですね。調べてみると、全国的にブックオフには試着室があるようです。ですので、試着したい時は店員さんに確認してからにしましょう。

 

ただ、中には1回の試着につき1人2着までなど決まりがあることがありますので、その決まりには必ず従うようにしてくださいね。

 

 

 

 

■子供服のブランドもブックオフで扱っていることもある

子供の服は、子供がすぐ大きくなるということからあまりお金をかけたくない方も多いと思います。でも、子供服のブランドにはとても可愛いものも多いのです。

 

そんな時は、ブックオフで子供服のブランド物を買うと良いです。普通に買うよりずっと安いですし、おしゃれを楽しむこともできます。

 

男の子もそうですが、女の子の服はバリエーションが豊かで親御さんとしても服をたくさん着せておしゃれをさしてあげたいと思っている方も多いです。このような時に、ブックオフのブランドの古着はとてもお勧めです。

kodomofuku_girl

 

 

 

 

■まとめ

大人や子供服の店ブランドの古着についていかがでしたでしょうか。このたびは大手のブックオフについて取り上げましたが、いろいろなところで古着を扱っています。古着が好きではないと言う方には難しいかもしれませんが、洗濯すれば大丈夫と気にしない方にはとても有意義な衣服費の節約方法なのではないでしょうか。

 

おしゃれをしたいけれど服にお金をかけられないと言う方は、ブランドものをリサイクルショップで買うと言う被服費の節約を検討されてはいかがでしょうか。


おすすめ記事

関連まとめ

節約はどこに力を入れるべき? 家・車・固定費・消耗品・・

■求人倍率は改善されたが、将来的には心配 少し前に有効求人倍率が上がったとTVのニュースでやっていました...

100均の予備カレンダーがそれ以上の利益を生む

■SALEうまく活用してますか? 毎日を過ごしていると多くの人が物を作って売って生きてるので多く人の目に止...

ありきたりですが読み放題を利用して気がついた極力損しない方法

■月額サービス利用してますか? 最近は動画の見放題、本の読み放題、音楽の聴き放題などの月額定額制サービ...

おすすめされていたニトリの999円チップ枕を使ってみた

■お気に入りの情報源ありますか? 普段ネットでいろんな情報が出回っていますがお気に入りのサイトなどあり...

仏滅挙式がお得らしい 他にも割引がいろいろ

■結婚式に高いお金をかけても3組に1組は離婚 今回はまさかの結婚ネタになってしまうのですが、まだ未婚の人...

保温調理器でパスタを作ってみた

■保温調理器の人気が高い 食事関係の節約と言うと 水道を節水シャワーに変えたり、洗い桶を置いてその中に食...

3万円もするboseを使わずにノイズを減らし集中する方法

■音に過敏で集中できない人は多い 自分は集中力に欠ける人間です。自分でも自覚しています。なんというか意識...

Amazonの定期お得便15%割引にする方法とは

■通販使っていますか? 通販を使わないと生けていけないという人も多いと思います。高齢者は通販がないと買...

あなたの知らないお得な業務用スープの世界

■冬の飲み物はどうしていますか? さてマツコデラックスさんの 番組のようなタイトルをつけてしまいました。...

ヤフオクおまかせ出品とはどんなサービスなのか 実はメルカリよりお得?

■お得に生活するには・・ 金銭的にお得な生活をどうやって送るのかというのは重大なテーマ。まずはどうにか...