カメラのキタムラのなんでも下取りが意外と使える?

 お得・節約・エコ , 豆知識・裏ワザ

更新日:2016年9月8日 880 views

■洋服屋は増えすぎて50%オフが平常運転?

消費を活性化させるためか企業の下取りサービスなどがたびたび話題になります。H&Mのようなお店は500円クーポンと引き換えにして下取りしてくれるなんて言われてます。

 

家の近所では紳士服の下取りをしている事があるようで、年に何度か広告が入ります。洋服屋も見るからに増えすぎている感じがします。そんなにいらないのではと思う人も多いはず。

 

ショッピングモールに入るとかなりの衣類関係のお店が並んでいます。頻繁に50%オフなどやってるので50%オフでもあまり見向きもされていないのが現状のようです。

 

さすがに80%オフくらいになるとお客さんもどっと増えるようですが。お店も増えすぎたので下取りなどのサービスでさらにお客さんを囲い込もうとしているようです。

 

job_youfuku_hanbai

 

 

■カメラのキタムラのなんでも下取りが便利な理由

接客経験があると分かると思いますが、接客をしようと話しかけると、「同じような服持ってるのよね~」と言われたり、隣のカップル、夫婦に「いらないよ」など言われます。

 

ただ単純に接客を逃れたいだけかもしれませんが、実際に家の中には洋服が溢れている場合が多いのです。買ってる数と捨ててる数を比べると買ってるほうが多い人が多数。

 

どんどんそうやって増えていきます。ですので捨てるに罪悪感がある人も下取りでリサイクルされて新しく買う物が安くなればと下取りサービスを利用してる人が多いようです。

 

下取りでよく聞くのが洋服。それ以外では靴の下取りなども見かけます。靴は古くなった物はあまり中古でも売れないので下取りサービスはありがたい。他に下取りはあるかな・・。

 

たまに家電製品の下取りもありますね。パソコンとか。そして実は有名なカメラのキタムラでも下取りサービスがある事をご存知でしょうか。これが密かに便利だと言われてます。

 

カメラのキタムラの下取りサービスの名前は「なんでも下取り」当然、カメラ関係の下取りになるのですが、なぜ密かに人気になるかというと、なんと壊れてても良いのです。

 

camera_danshi

 

 

■壊れるまで使おうとなり、さらに安く買える

まだ使える良品ならば自分でネットで出品したほうがお得。最近は出品も簡単なサービスも増えてきました。でもさすがに壊れた物だと売れるかどうか分からないのが実情。

 

部品取りのような人に買い取ってもらえる可能性もありますが何かと説明ではどうでとトラブルにもなりがち。カメラのキタムラの下取りはやはり新しい物を買う前提での下取り。

 

ただ壊れたカメラを買い取ってくれとなってもダメ。もしカメラも壊れたし、新しい物を買おうかなとなってる場合は活用するとお得です。これは知らない人も多いようですが。

 

古いのを自分で処分して新しいカメラを定価で買うよりもお得である事はたしか。下取りの金額ですが、一律の金額で下取りとの説明がありました。よく見かけるが2,000円。

 

壊れたカメラでも2,000円で買い取ってくれるのは嬉しい。逆に考えると保証が切れて壊れるまで使い込んでから下取りに出して新しいカメラを安く買うとうのが一番お得。

 

壊れたカメラも現役カメラも2,000円で下取りなら壊れてから買い換えようとなるので物も大事にできる。下取りサービスはいろいろあるけど良い下取りな感じです。

 

haihin_kaisyu_truck

 

 

■どうやって下取りしてもらう?

きっと分解して再利用して2,000円以上の価値はあるんだと思いますが素人にはただの壊れたカメラ。2,000円下取りはありがたい。カメラユーザーならキタムラはチェック。

 

コンパクトデジタルカメラ、デジタル一眼レフ、フィルム一眼レフ、フィルムコンパクトカメラ、ビデオカメラ、交換レンズなどが対象でインスタント、おもちゃは禁止。

 

カメラのキタムラは店頭受け取りというサービスがあってネットで気になった物を近くのお店で受け取れるようなサービスがありますが、その時に下取りを持ち込んでもOK。

 

宅配を利用する場合、商品を受け取る時に下取り品を梱包して配達員に渡せば良いそうです。1回のご注文でもちろん1台のみ。メモリーカードがそのままな場合があるので注意。

 

ちなみにカメラの店頭受け取りは送料無料で実物を見て断る事もできるので転売の人にも利用されてるそうです。カメラは細かい所が気になるのでありがたいサービスです。

 

pose_motsu_card

 

 

■まとめ

あ~カメラ壊れた。捨てて新しいの買おうというのが大勢の選択になりそうですが、そこで一息。また買い換えるのならば捨てると損するので下取りを利用して安く買おう。

 

周囲の人の壊れたカメラなども1個貰っておくのも良いかもしれません。もう使わないか確認して貰ってしまっておく。そして自分が新しいカメラを買う時に下取りしてもらう。

 

壊れた物でも良くてしかも2,000円となれば下取りサービス数あれどなかなか良いほうですね。消費につなげるには下取りして企業も部品を再活用するのに成功すればお互い良し。

 

 

 

 

参考 http://goo.gl/tte4ZT  http://goo.gl/NgjDpH

 

 


おすすめ記事

関連まとめ

個人のニュースサイトが増加 その心理を考察

■個人ブログでニュースを掲載する人の目的とは? 最近ネットを見てみるとテレビや新聞、週刊誌などがニュー...

欲しい本は賢く節約して読もう

■本離れ?その理由は・・・ 読書離れとか本離れなんて事を言われてかなりの年月が経過します。CD離れとほ...

勧誘がしつこい!! その有効的な対策

■勧誘に現在困ってませんか? 現在、勧誘などに困っていますか?物やサービスが溢れる時代になってますが、...

節約はどこに力を入れるべき? 家・車・固定費・消耗品・・

■求人倍率は改善されたが、将来的には心配 少し前に有効求人倍率が上がったとTVのニュースでやっていました...

ライドシェアってどんな仕組み?

■シェアという言葉の露出度が増えてきた シェアという言葉をよく見かけるようになりました。これも時代です...

事故物件ってやはり怖い? お得?

■事故物件ってどう思いますか? なんだか怖そうなタイトルを付けてみましたが、ここ数年事故物件の話題が定...

100均の予備カレンダーがそれ以上の利益を生む

■SALEうまく活用してますか? 毎日を過ごしていると多くの人が物を作って売って生きてるので多く人の目に止...

ありきたりですが読み放題を利用して気がついた極力損しない方法

■月額サービス利用してますか? 最近は動画の見放題、本の読み放題、音楽の聴き放題などの月額定額制サービ...

Bose のノイズキャンセル イヤーマフ遮音性能比較

 豆知識・裏ワザ

1,011 views

■毎日作業に集中できてますか? さて今回は夏休みでもなく冬休みでもなくお得なキャンペーンみたいなものが...

Amazonで横行する中国出品の虚偽のクチコミ

■Amazonは2017年は問題が表面化 Amazonは利用者としては便利ですが最近というか2017年に入ってから問題もか...