大学にかかる費用は入学費や授業費だけではない!気づいた時点で対策を!

 お得・節約・エコ

更新日:2017年2月28日 1,057 views

■お子さんの大学進学を控えた親御さんからはこんな声が!

お子さんにかかる大学費を早くから意識してお金を貯めている方は非常に多いです。
多くの人は300万円とか600万円などを目標に貯めていることかと思われます。
その内訳というと、授業費や入学費を意識している人が多いのではないでしょうか。
 
ですが、大学生のお子さんがいない方や大学受験が近いお子さんがいない方だとピンとこないのかもしれませんが、どうやらそればかりではないそうです。
 
著者自身は上の子が小学生である事と、自分が大学に行っていない事からそのような費用がある事に気づきませんでした。
変換school_spring
 

 

 
■まず大学入学前にかかるお金

大学受験の時にも意外にも費用が掛かる事はよく知られています。
大学受験自体にも費用が掛かりますし、もし現役で大学に行くことを御考えでしたら滑り止めの大学受験も必要です。
また県外の大学を受けるとなると、その交通費や宿泊費もかかります。
色々なケースがあるので一概には言えませんが、大体30万円くらいを見たほうがいいかもしれませんね。

money_fly_yen
 

 

 
■大学入学後にもお金がかかる!

国公立か私立大学で大きく違うのかもしれませんし、学部によって違うのかもしれませんが、ある大学生のお子さんを持つお母さんによると大学指定のパソコン、プリンター、電子辞書などのIT機器の準備が必要で、指定のものだから自分で購入するわけにもいかずにお金を支払ったとか。
kaden_laptop
 
もちろん、教材も必要ですのでその費用もかかりますし、それとはまた別に学生保険と共済 、入学式のスーツ代、記念アルバム、寄付金、新入生イベント参加費等もろもろが必要だったのだと言います。
 
そこでこの方はもう80万位を見たほうがいいのでは?とおっしゃっています。
 
具体的には仰っていませんが、その方のお子さんは私立大学と思われますので、私立大学に通われる方はそれくらいを見たほうがいいのかもしれません。
 

 

 
■国公立だと事情が違うかも!?でもリサーチは必要!

国公立というと学費が非常に安いイメージがあり、寄付金などは不要なのではと思いますね。
ですが「ゼミ研修費」等授業料とはまた別にかかる費用もありますので、それをしっかりと把握して出来る範囲で備えましょう。
 

 

 
■まとめ

大学の学費以外にかかるお金についていかがでしたでしょうか?
 
大学になじみがないとついつい見落としがちですが、そのような学費も必要になるという事を把握して余裕をもって学費を準備しましょう。
著者自身も知らないような費用があり、とても勉強になりました。


おすすめ記事

関連まとめ

節約はどこに力を入れるべき? 家・車・固定費・消耗品・・

■求人倍率は改善されたが、将来的には心配 少し前に有効求人倍率が上がったとTVのニュースでやっていました...

100均の予備カレンダーがそれ以上の利益を生む

■SALEうまく活用してますか? 毎日を過ごしていると多くの人が物を作って売って生きてるので多く人の目に止...

ありきたりですが読み放題を利用して気がついた極力損しない方法

■月額サービス利用してますか? 最近は動画の見放題、本の読み放題、音楽の聴き放題などの月額定額制サービ...

おすすめされていたニトリの999円チップ枕を使ってみた

■お気に入りの情報源ありますか? 普段ネットでいろんな情報が出回っていますがお気に入りのサイトなどあり...

仏滅挙式がお得らしい 他にも割引がいろいろ

■結婚式に高いお金をかけても3組に1組は離婚 今回はまさかの結婚ネタになってしまうのですが、まだ未婚の人...

保温調理器でパスタを作ってみた

■保温調理器の人気が高い 食事関係の節約と言うと 水道を節水シャワーに変えたり、洗い桶を置いてその中に食...

3万円もするboseを使わずにノイズを減らし集中する方法

■音に過敏で集中できない人は多い 自分は集中力に欠ける人間です。自分でも自覚しています。なんというか意識...

Amazonの定期お得便15%割引にする方法とは

■通販使っていますか? 通販を使わないと生けていけないという人も多いと思います。高齢者は通販がないと買...

あなたの知らないお得な業務用スープの世界

■冬の飲み物はどうしていますか? さてマツコデラックスさんの 番組のようなタイトルをつけてしまいました。...

ヤフオクおまかせ出品とはどんなサービスなのか 実はメルカリよりお得?

■お得に生活するには・・ 金銭的にお得な生活をどうやって送るのかというのは重大なテーマ。まずはどうにか...