発行者識別番号


184asdcpiadjip発行者識別番号とは、クレジットカードを発行しているカード会社を識別するための番号となります。クレジットカードには何桁もの数字が刻印されていますが、この数字の最初の6桁が発行者識別番号となっています。

 

次の12桁が会員の口座番号となっており、
最後の1桁がチェックデジットとなるのです。こうした刻印されている番号というのは、クレジットカードのブランドによって違っており、一般的には14桁から16桁の数字となっているのです。

 

発行者識別番号はBINコードとも呼ばれていますが、
その先頭の数字で産業ごとに振り分けされています。日本国内だけでなく海外でも使えるようなクレジットカードの場合には、ISOによって固有番号が決まっています。
先頭の数字が3の場合には旅行などとなっています。2桁目は業態分類コードと呼ばれていますが、銀行や小売業といった業態を表しているのです。それから3桁から6桁目が発行している会社の番号となっているのです。
この識別番号によって、カードを発行している会社を特定することができるのです。

 

発行者識別番号は、
流通システム開発センターが発行していますので、新しく参入する場合にはここに申請することで、発行者識別番号を取得できるのです。

 

発行者識別番号の次にある番号は、
イシュアアカウントナンバーと呼ぶのですが、要するに会員を特定するための番号のことです。最高では9桁からなる数字が与えられるのですが、最後の1桁はチェックデジットとなります。ちなみにチェックデジットとは、クレジットカードが本当に正しいカードなのかどうかを表すためのコードのことです。

 

普段何気なく使っているクレジットカードですが、
数字が刻印されているのは知っていても意味まで知っている人は少ないのではないでしょうか。インターネットでクレジットカードを利用するときには、カード番号を入力することになりますが、入力された番号からカード会社や個人を特定して、利用することができるようになっているのです。

よく見られている関連記事

オンアス取引とは

オンアス取引とは、イシュアーとアクワイアラーが同じ会社の時に生じる取引のことをいいます。...

続きを見る

オーソリ予約とは

オーソリ予約とは、前もってクレジットカードによって利用される金額について、承認を取得して...

続きを見る

承認番号

承認番号とは、クレジットカードを利用の際に承認されて与えられる番号のこととなります。クレ...

続きを見る

黒のステイタス

クレジットカードの格付けは、一般カードとゴールドカードに分類され、その上にプラチナカード...

続きを見る

クレジットカードの桁数の使い方

通常のクレジットカードの番号は16桁です。世の中のクレジットカードはすべて16桁だと思っ...

続きを見る

クレジットカードの承認のしくみ

クレジットカードで買い物をするとその場で現金を支払う必要はありません。カード会社が立替払...

続きを見る

返品はどうするのか

クレジットカードで買い物をしたものの、後日返品した場合どのような処理がされるのか不思議に...

続きを見る

三井住友VISAカード